【Netflix】『ビリオンズ(Billions)』<シリーズ1-6 取引>-④ 詳しいあらすじ(ネタバレ注意)

『ビリオンズ(Billions)』④<シリーズ1-6 取引>では、【ダラー・ビル逮捕後のアックス社の様子やボビーとウエンディの関係】などについて書いています。

*『ビリオンズ(Billions)』④<シリーズ1-6 取引>
【ダラー・ビル逮捕後のアックス社の様子やボビーとウエンディの関係】

ダラー・ビルが逮捕されボビーは激怒。

「わが社は攻撃を受けた!これから反撃にでるぞ!」と社員の前でいきまく。

(ボビーの横には、ワグス、そして、ダニーがいるが、ウエンディは少し離れたところから静かに見つめる)

 

そのあと、ボビーとウエンディはが会話

ウエンディ「私は戦いを望まない」

ボビー  「誰のために?」

ウエンディ「みんなのために。あなたの心理状態は危険よ」「制御できないことを許せない」

ボビー  「当然だ!」

ウエンディ「余計に制御を失っている」「本気で生き残りたいのなら、その怒りを抑えて。別の方法をとるべきよ。不満でもね」

後日

ボビーは会社のウエンディの部屋へ来て、25万ドルを引き出したことを問いただす。

 

↑この25万ドルは、<シリーズ1-3のヤムタイム>のラストで、アックス社を退職した女性が転職したので、そこで運用してもらっています。
どうやら、社員おお金もアックスファンドに預けているような感じですよね・・

 

ウエンディ「私のお金は好きにするわ」

ボビー「ダラー・ビルは、1000万のボーナスから、いくらだしたと思う。2000だ」

ウエンディ「前から知っていたのに、なぜいうの」

ボビー「全部だせよ」

ウエンディ「私は夫じゃない。あなたたちが打ち合う羽根にはなる気はない。お互いに気にくわないから戦うべきと思っている。そんなの必要ない」

 

と怒ってウエンディはその部屋を立ち去るのでした。

『ビリオンズ(Billions)』株・FXトレーダーにもおすすめ♪シリーズ1の詳しいあらすじ一覧