【Netflix】『ビリオンズ(Billions)』<シリーズ1-6 取引>-⑥詳しいあらすじ(ネタバレ注意)

ここでは、『ビリオンズ(Billions)』⑥<シリーズ1-6 取引>の【司法取引当日】について書いています。

*『ビリオンズ(Billions)』⑥<シリーズ1-6 取引>
【司法取引当日】

●司法取引当日

ボビーはスーツ姿で会合に臨む

ボビーはラフな服装が多いので、スーツ姿も珍しい。

 

司法取引の内容を弁護士が読み上げる

・19億ドルの罰金

・会社の投資顧問業務を廃業すること

・共同謀議罪を認めることに同意

 

ブライアン「取引に応じますか?」

しばらく間があって、

ボビー「ああ、OK」と仕方ないという雰囲気でため息をつく。

弁護士「アックス・キャピタル社は処罰が妥当であり、議会が投資家の損失を埋めるよう政府監督機関に・・・」

チャック「ブライアン、彼は取引しないのでは?」

ブライアン「そう聞きました」

チャック「彼らは大口をたたくが、最後はこうなる。なぜだ?」

ブライアン「罪人だからだ」

チャック「無実なら来ない」

弁護士「不適切な発言ですよ」

ボビー「やられたよ、ローズ。19億ドルはさすがにいた。サメにかまれるよりましだ。蜂に刺されるぐらいだ。云々・・・」

ワグス「痛みなど一瞬で終わりだ」

弁護士「司法取引は連邦起訴の訴状規則の11条〇項目~に従い、裁判所の承諾を必要とする・・・」

ボビー「さっさと片づけられてよかった」

ワグス「19億ドルだから、8ケ月で稼げる」

ボビー「半年だ」

すごすぎます。投資の世界の神です。

 

弁護士「外部の投資に対する投資顧問業務を廃業する。ファミリーオフィスとして個人資産の投資を~」

チャック「いや」と弁護士の話を遮り、「許可しない!永久追放だ」と。

ブライアンからは戸惑いの表情が読みとれる。

 

チャック「信託に預けるのはいいが、株取引は禁じる。団体も個人投資家も君のためでも駄目だ」

ボビーは表情を変え、机をバンッと叩き、小切手を破って、チャックの顔めがけて投げ、部屋を出る。

 

同席していた、SECのスピロスは、口をあけてあんぐり。

 

ブライアンとチャックはお互いに顔を合わせて笑う。

 

スピロスの「何が起きたんだ。」という言葉で、チャックとブライアンはにやつく。

 

その帰り、ボビーは、運転手に乗せてもらっていたが、途中で運転手をおろし、夜のハイウェイを突っ走る。

 

●帰宅後のチャック

チャックが帰宅すると、ウエンディが「何があったの?」と聞く。

チャック「土壇場で、アクセルロッドが部ちぎれた。会合を中断し、小切手を破って捨てた」と話す

↑いやいや、アンタが突然話を変えたからでしょ!と言いたくなります。

 

ウエンディ「なんてこと。振り出しね。前よりひどい。私には無理。板挟みなんて。」

チャック「もう大丈夫。僕らの関係を優先することにした。この事件からは降りる。身を引くことにした。司法長官にも話した。」

ウエンディ「感心したわ。自分を犠牲にしたわ。」

↑ここの意味は*【ピート・デッカー逮捕の件】(1-2 のヤムタイムの続き)でのチャックのお父さんのことを参考。)

 

「そんなに視野が広がるなんて5年前とは大違い。」

 

と話してから二人は抱き合う。

 

夜、チャックは犬の散歩へ行くと。

 

ここでワンちゃん再登場(←1-3ぶり)

 

散歩へ行くといいつつ、ブブライアン・コナティとあう

 

 

ブライアン「クズどもに立ち向かったヒーローですよ」とチャックを称賛する。

「あとは僕に任せて。必ずやり遂げます」

チャック「逐一報告してくれ。 誰にも知られないようにしてくれ。これは戦いだ。あらゆる手段をとる」と。

 

↑そうなんです、表向きは、この件から外れたことになっていますが、実はここからなのです。

 

『ビリオンズ(Billions)』<シリーズ1-6 取引>
★今回おさえるポイント

ボビーの妻も、ボビーの弁護士も、ボビーの腹心のワグスも、彼に司法取引に応じることや、ファミリービジネスへと縮小することを勧めるが、ウエンディだけは、ボビーがファミリービジネスにとどまることは嫌がることを理解している点。

この時点で、ウエンディが誰よりもボビーのことをわかっているということが明らかになりました(^^)

 

【あれやこれ】投資している人向け?

ララとの会話の中で、ボビーに司法取引に応じるようにつたえている場面があります。

というのも、ララは今の状態では友達からパーティーへも誘われなくなってしまうので、家族を守りたいという気持ちがあるようでした。

 

ララは「楽な道(ここでは司法取引)があるなら、選んで。これは株取引と同じよ」というと、

ボビーは「同じ我慢でも、リスクの問題だ。リスクに耐えたからおれは成功できた」

 

⇒投資で成功するのは、リスクを許容すること これも大切ですね。
但しもちろん、自分が復活できるぐらいのリスクにしましょう(^^)

【あれやこれ】アックス・キャピタルの運用資金やボビーの資産は?

ボビーとチャックの会話で、ボビーが【ファンドの2%を現金化し、軍資金にしろ】に対してワグスが【3億ドルか・・・】という言葉から、ファンド資金は、150億ドル。(2021年11月現在、114円ぐらいなので、兆の位まで到達。

それは影響力あるはずです。

 

そして、ワグスの今回でアックス・キャピタル社を縮小してのファミリービジネスの話をしています。

このとき、「君の資産だけでも何十億ドルも投資できる」といっていることから、ボビーの個人資産は、円に換算すると、数千億円あることになります。

(う~んこんなにお金あったら、みなさんは何をしますか??)

『ビリオンズ(Billions)』株・FXトレーダーにもおすすめ♪シリーズ1の詳しいあらすじ一覧