【シリーズ第3作目】『ハングオーバー!!! 最後の反省会』<ネタバレなし>の あらすじ ・キャスト・感想

こんにちは 映画案内人 もすりんです。

とうとう第3作目も観ました~

第1作目と第2作目とは雰囲気が違うような・・
でも、やっぱり・・です。

すみません、意味不明で。


第1作目に登場したジェイドも少し出演。
この映画では、私の注目している メリッサ・マッカーシーも登場させています。

彼女をなぜ登場させたのか、その理由は映画を観るとわかりますので、ご安心を。

このシリーズでどれが一番面白いのか、と聞かれると答えに窮してしまいます。

第1作目では、あまりにもハチャメチャで驚き、2作目では慣れてきたというか・・。
3作目はちょっと変化球的な。

すみません、やはり1作目から順番に観ることをお勧めします。

私は、どれが一番とは決めきれませんので、みなさんはどれが一番面白かったですか? と逆質問することにいたしました~(笑)

 

(※参考※)
『ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い』 のこぼれ話
『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』のこぼれ話
『ハングオーバー!!! 最後の反省会』のこぼれ話


■映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』のネタバレなしのあらすじ

あのおバカ軍団がまたまたラスベガスに出現。暴走を続けるアランを施設に収容しようとお馴染みの3人が集合。一方、チャウがタイの刑務所から脱獄し…。

ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキスが再び大騒動を引き起こす! 大ヒット映画シリーズ第3作。(ネットフリックス)


※おバカ軍団と書かれていますが、映画の中で本人たちは、狼軍団と言っています(笑)

<映画情報>
製作国:2013年 アメリカ
上映時間:100分
原題:The Hangover Part III
監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス/クレイグ・メイジン
原作:キャラクター創造/ジョン・ルーカス/スコット・ムーア

■映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』の登場人物/キャスト


【フィル・ウィネック】

第1作目のときの職業は小学校の教師でした。
フィル、スチュ、アランの中では冷静で、リーダー的存在。
結婚して子供もいる。

フィルの役には、アメリカ ペンシルバニア州出身のブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)
ブラッドリー・クーパーは、俳優・映画監督・映画プロデューサーの他歌手としても活躍。

 

【スチュ】

スチュは、歯医者さん。
1作目や2作目は、自分は 医者だというと、周りからは歯医者 でしょ と突っ込まれていましたが、3作目ではそんな突っ込みはありません。

第3作目になると、一段とかっこよくなり、素敵に見えます。
全体に顔や体が引き締まったのでしょうか。

2作目でタイ人の女性と結婚しています。

スチュの役には、アメリカ ジョージア州出身で、俳優、コメディアンのエド・ヘルムズ(Ed Helms)。


【アラン・ガードナー】

お金持ちの息子で42歳の独身。
仕事もせず家にいてニート状態。
精神疾患があり普段は薬を飲むようにしているが、この半年間は薬も飲まず、家族も手を焼いている状況。

義理の兄、タグの友人フィルのことはとても気に入っているが、スチュはあまり好きではない。

携帯のパスワードは、<やあ、フィル>にしているほど。

前作で頭が坊主になっていますが、この作品では髪の毛はふさふさです。

アランには、アメリカのノースカロライナ州出身のザック・ガリフィアナキス(Zach Galifianakis)
俳優・コメディアン。

 

【ダグ・ビリングス】

1作目の映画で、アランのお姉さんと結婚し、アランの義理の兄。
今回も出番は少ないが、
もともとは、ダグとフィルとスチュの3人が友達で、そこにアランが加わっている。

ダグ役は、アメリカ合衆国の俳優のジャスティン・バーサ(Justin Lee Bartha)

★ジャスティン・バーサを たっぷり観たいという方には、映画『理想の彼氏』がお勧めです💛

 

【チャウ】

悪党のチャウの役をケン・チョン。
アメリカ ミシガン州生まれの韓国系アメリカ人。

コメディアン、俳優であり、元医師。


【キャシー】

お店の女店主、キャシーの役を メリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)

メリッサ・マッカーシーは、アメリカの女優、コメディアン、脚本家、プロデューサーです。
この映画に関しては製作側には携わっていないようです。

■映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』の感想<ほんのちょっとだけネタバレ>

まず最初に、第2作目は1作目を観ていたほうが、面白さがわかります。

この『ハングオーバー!!! 最後の反省会』に関しては、第1作目や第2作目を観ておいたほうがもちろん、それぞれの登場人物の背景がわかるので、映画に入り込みやすいとはいえ、第3作目から見ても話しにはついていけるような気はします。

とはいえ、やはり第1作目からがいいかな。

今回の映画の冒頭は、第1作目と第2作目と比べると雰囲気が違い、ついつい力が入ってしまいます(笑)

それにしても、今回もダグはいなくて、フィルとスチュとアランの3人のドタバタコメディ。

今回はチャウ(ケン・チョン)の出番が多いこと。
シリーズが進むにしたがって増えていきます。

同じ監督で、ひとりの出演者の出番が多くなるということから、この監督がいかに
ケン・チョンを気に入っているのかがよ~くわかりました。

また、第1作目に出演したジェイド(ヘザー・グラハム)も登場させてくれていたのは
嬉しい。

第1作目では、スチュが、ジェイドに今度デートしようという話をしていたのに、それっきり。

だけれどジェイドも幸せに結婚していたので、映画の中とはいえ安心しました(笑)

ラスト近くなると、フィルとダグがかっこいいのは当たり前で、スチュもますます素敵になり、アランでさえも・・ なのです。


4人が歩いていく後ろ姿、みんな立派になったな~と母親目線で見てしまい、感動するほど。

でも、まだ続きがあり、あら~ ということになります。

ネタバレはしたくありませんので、あえて書かないようにして、お楽しみにということで。


それにしても、今回もダグ役のジャスティン・バーサはあまり見られません。
もう少し出番が欲しいです。

■映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』のタイトル評<ほんのちょっとだけネタバレ>

『ハングオーバー』シリーズで、これは何作目? と思ったときは、『!』の数で確認を。

原題では、PartⅠ PartⅡ PartⅢ とタイトルだけで見分けがつきます、
邦題の場合は、サブタイトルがついてはいて、 PartⅢ だけは 『最後の反省会』と書いてありますので、まだ想像はつきやすいですが。

見分け方としては、
パート1は 『ハングオーバー!』、パート2は、『ハングオーバー!!』パート3は 『ハングオーバー!!!』というように『!』の数が違います。

でも、『ハングオーバー!!! 最後の反省会』を観たときは『!』がやたらと多く感じてしまうので、シリーズのときは、Part Ⅱ とか 単に 2 と書いてくれたほうが嬉しいかも。

でもですね~、ハングオーバーは二日酔い意味でそういうタイトルにも関わらず、映画の最後まで酔っ払ってはいいません。
タイトルとちょっと違っているような・・。
でも、シリーズものになるとタイトルが難しいですね~。

 

The Hangover(2010年)
『ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い』

 

The Hangover Part II(2011年)
『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』

 

The Hangover Part III(2013年)
『ハングオーバー!!! 最後の反省会』